厳しい日差しの中で外出する際にキャップは必須となりつつある

Cap

夏は使いやすいキャップがオススメ

黒い帽子の男の子

強い日差しを感じる日も多くなり、紫外線・暑さ対策に帽子の購入を検討している方も多いのではないでしょうか。私が夏にオススメしたい帽子はキャップです。カジュアルなイメージのキャップですが、実用性を兼ね備えているのでこれからの時期にはぴったりの帽子と言うことができます。キャップの良い点は、前に向かってツバが長いことです。長いツバがあることで、顔に浴びる紫外線をしっかりカットしてくれます。
これは夏に被る帽子には必須の機能です。ハットでツバが広いものを被るより、キャップを被った方が視界を広く保つことができるので自転車に乗る機会が多い方などには、キャップは実用性が高い帽子です。キャップは、頭を覆う部分がメッシュタイプのものも多く売られています。夏は帽子の中が蒸れがちです。蒸れが原因による頭皮のトラブルやニオイも気になります。メッシュ生地のキャップなら、日差しは遮りつつ、通気性も確保してくるれるので快適な被り心地を実現してくれます。
キャップは後ろにアジャスターが付いたものが多いので、風のある日なども帽子が飛ばされる心配が少なく安心して被ることができます。また、ハットに比べて風の影響を受けづらい形状であることから風の日にも強い帽子と言えるのではないでしょうか。デザインも様々なものが豊富に揃っているキャップ、実用性がかなり高い帽子です。上手に活用して、夏の暑さを乗り切れると良いですね。

自分に合ったキャップの選び方

日中の日差しが厳しくなってきたので、キャップの購入を考える方が多い時期なのではないでしょうか。気温が25度を超える日が珍しくなくなってきた昨今においては、厳しい日差しの中で外出する際に、キャップは必須アイテムとなりつつあります。そこで、キャップを購入する際のポイントをまとめてみたいと思います。
キャップを選ぶ際は自分の好みだけではなく、体型や輪郭、普段着ているアイテムとの整合性を考慮することが大切です。では、実際に商品を選ぶ際には、どうすれば良いでしょうか。まずはインターネットでセレクトショップの通販サイト、大手通販サイトで現在販売されているキャップにはどのようなものがあるかを、ざっとチェックしてみることをおススメします。
サイトでは、色、形、値段など様々な種類の商品が豊富に紹介されていることだと思います。キャップの種類は、ベースボールキャップ、ワークキャップ、マリンキャップに大別されますが、種類を絞りこむ際は、合わせる服装のイメージとしっかりと照らしてみることが大切です。その際に、キャップをかぶった状態の身体全体、表情を含めた頭部をしっかりとイーメージしてみると良いでしょう。
そのキャップで外出している自分をイメージするのも効果的です。いつもの道を歩き、会う人、お店、場所をしっかりとイメージすることで、そのキャップが自分に合うかの、大きな判断材料となるでしょう。

キャップの歴史はとっても古い!

帽子にはハットとキャップがあります。ハットというと帽子全体を指す広い言葉になりますが、キャップという場合は帽子の縁辺(ブリム)が一部しかない帽子を指します。有名どころではベースボールキャップがあります。キャップの歴史がいつ始まったのかというと実は結構難しいです。ブリムがついていない帽子はすべてキャップとなってしまうのでいくつか歴史を紐解いていくしかなく、紐解くととんでもないことになります。
たとえばハンチング帽がありますが、それは19世紀半ばのイギリス上流階級が狩猟用の帽子として利用していました。似た形のキャスケット帽も同様です。それからキャップと言って想像できるベースボールキャップならば起源は南北戦争(19世紀)まで遡り、軍人がすぐに任務に戻れるように軍帽を装着していたまま遊んでいたのが起源だと考えられています。
また軍帽とういと、硬いつばのあるタイプとつばのないベレー帽と分かれることになり、その中でもベレー帽がどこからやって来たのかと遡っていけば、なんと青銅器時代、紀元前3500年まで遡りヘッドギアが起源ではないか考えられるのです。
つまりキャップの歴史を探ろうと人間の歴史とほとんど同様になってしまい、スケールがとんでもなく大きくなってしまうのです。

キャップのかぶり方

一つ目に浅めにかぶる。浅めにかぶることでトレンド感のあるおしゃれな雰囲気があります。大人が浅めにかぶる時は、コンパクトなサイズ感で、無造作なヘアスタイルをちょい見せするのがおすすめです。トレンド感を出しつつ、大人のこなれ感が演出できます。二つ目は深めにかぶる。深くかぶることできちんと感のある大…

MORE

キャップのイメージを見直そう

ウインドウショッピングをしていておしゃれなキャップを見つけたけれど、実際に購入するまでは至らないという経験があるかたは少なくないと思います。キャップを気軽に購入できないのは、若者のアイテムだろうというイメージや夏しか使えない、あるいは合わせ方が難しい等、キャップに対する偏ったイメージがあるから…

MORE

キャップの魅力とおすすめのキャップ

今も小さい子供から大人まで、キャップは根強い人気です。このキャップは明治の初期ごろはまだまだ輸入品が多く、国産品が出だしたのは明治11年頃からになります。商売として盛んになったのは明治の27年頃からになります。明治から平成まで長く人気のキャップです。2017年に注目されているキャップは、白のキ…

MORE

Post list

TOP